Blogブログ

【blog】Quartet Poppo 春の豊平館コンサート〜曲目編②〜

2018.05.08

つづきましてはラヴェルのお話を。(メンデルスゾーンのカルテットについては前回のblog

 

ラヴェルといえば、ボレロでしょうか。

あの曲を知っていて初めてラヴェルの室内楽を聴いた人は、もしかしたら共通点がまったくみつからないかもしれません。

『管弦楽の魔術師』と呼ばれるくらい楽器の扱いに優れていたラヴェルですが、演奏していても楽器の特性をよく理解していた人なのだな、と感じます。

ただ、室内楽に関しては「楽器演奏技術の極限を追求した作品」が多いようです。「チェロとヴァイオリンのためのソナタ」を演奏した時は死にそうになりましたし、「ピアノ三重奏曲」を演奏した時にはピアニストが本当に大変そうでした。弦楽四重奏に関しても、そのような部分が多くあります。

だから、まさか結成して2年のカルテットでこの曲に取り組むことになるとは思っていませんでした。この曲に関しては、もっと遠い存在だと思っていました。

ラヴェルの作品に共通して私が感じるのは、とにかく「美しい」ということです。
ただ「きれい」というだけではなく、芸術的に「美しい」のです。激しい部分でさえ、そう感じます。均整のとれた完璧な「美しさ」。だから、演奏者はその作品の世界観を完璧に表現する必要があると思っています。だから、難しい。

 

少しでも理想の演奏に近づきたいという思いでいま取り組んでいます。

 

 

 

 

 

 

Blog

2018.10.03
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。 北海道は日に日に秋が深まってきています。今年も残すところあと3...
2018.05.30
今年もたくさんの方にお聴きいただきました、Quartet Poppo 春の豊平館コンサート。 バッハ...
2018.05.08
つづきましてはラヴェルのお話を。(メンデルスゾーンのカルテットについては前回のblog)  ...
2018.05.08
クァルテット・ポッポ広報担当です😀 いよいよ今月に迫ってきた豊平館コンサート。今年の...