Passacaglia!!

春といえども札幌駅前地下歩行空間は少しヒンヤリしていました。今日はこの場所で、今年も行われるPMFのPRとして4回演奏をしてきました。

ここ札幌で演奏活動を初めてから度々一緒に演奏する機会に恵まれているヴァイオリンの小林佳奈ちゃんとのデュオでした。ヴァイオリンとチェロのデュオといえば、ラヴェル、コダーイなどと並び、ハルヴォルセン編曲『ヘンデルの主題によるパッサカリア』が有名どころです。本日のメインはこのパッサカリア。もともとはヴィオラとヴァイオリンのために書かれた曲ですが今ではヴァイオリン+(ヴィオラorチェロorコントラバス)など、様々な編成で演奏されることの多い曲です。何と言っても弦楽器の技巧が駆使されていて派手な曲なので人気なのでしょうが・・・弦楽器奏者にとっては非常に弾きにくい曲。特に本来小回りの利きにくい大きな楽器の私は毎回ひーひー言いながら練習しています。この曲を弾いている時ほど、ヴァイオリンとの格差を感じる時はありません(笑)!!ところがやはり化け物のように弾けるチェリストは存在するわけです・・。

ハイフェッツとピアティゴルスキーの演奏。この自由自在さは存在するだけで価値がありますね!
佳奈ちゃんとは来月の24日(日)にも同じ場所で演奏予定です。
《北3条広場》11:00~、12:00~、13:00~,14:00~ の4回です。ぜひお立ち寄りください。

ところで本日締切の後援会発足記念コンサートはお陰様で(?)定員となりました。ありがとうございます。これから本腰入れてがんばります!!

HOME
Blog Top
Twitter
Facebook
  • カテゴリー