一生懸命があふれた日

先週の日曜日、札幌のちいさなカフェで私のクラスの初めての発表会が開かれました。
小さい子から、大人の方まで、音楽がほんとうに好きな方たちの気持ちと頑張りが会場いっぱいに広がりました。

ふだんから人には多くのことを求めてしまいがちな私ですが、それはいつも一心に、生徒さんひとりひとりがしっかりと、思った音楽を体現して欲しいからなのでした。自分の思い通りにいかず少し口調がきつくなってしまったり、生徒さんの気持ちがわからなかったり、先生としては全く自信を持てず、だからこそひとりひとりとちゃんとつき合わなくては、という思いが生徒さんには重く感じられることもあったと思います。

でも、半年間の準備期間を経て迎えた先週の発表会では、みんな、本当に全員の方がご自身の音楽を目一杯表現して楽しんでいらっしゃるのが会場で聴いていたお客さんにも伝わったようです。

この4年間私は先生として、足りていたか。という自分自身への問いに、ひとまず「マル。」と答えが出たような気がしました。

HOME
Blog Top
Twitter
Facebook
  • カテゴリー