未来の演奏家たち

3月の終わりは、クラリネット奏者の黒岩真美さん主催の音楽祭で苫小牧へ行っていました。このお方、昨年の暮れよりご一緒させていただいていますがとても明るくバイタリティ溢れるスーパーウーマンなのです。3月31日に開催されたコンサートでは第1部〜第2部が黒岩さんの門下生と、前日和光中学校で行われた吹奏楽コンテストで選ばれたグループのコンサート、第3部〜第4部がクラリネットトリオの演奏でした。前日行われた吹奏楽のコンテストを聴いたのですが、想像していたよりもレベルが高くてスターになれそうな子たちが何人もいました。すばらしい!

どうやらこの中からはもう既に音楽の道へ進む準備を進めている子もいるようです。翌日の門下生コンサートでも若い芽をたくさん発見して、教育と環境の大切さを思いました。北海道では吹奏楽が盛んなようで若い頃から木管金管楽器を習う人数も多く、弦楽器とは規模が違います。やはり、弦楽器の普及ということを考えても指導者・環境含めなかなか難しいことです。「まずは知ってもらうことだね!」というお言葉を皆さんからいただき、チェロの生音をどうか多くの人に届けてくださいと言っていただけたのでこれからも色々な場所に出没しようと思っています。
第1部〜2部の演奏はほぼ全て聴かせていただきました。とても感動しました。中にはこの4月から芸大に進む後輩もいたりして、私も上京した時のことを思い出し、新鮮な気持ちになりました。学生生活、先生と環境に恵まれれば怖いものなしです。学生のうちに精一杯学んでほしい。立派な演奏家になるのが楽しみだなー。私もこんな感じですが、常に上を見て頑張ろうと思います。
HOME
Blog Top
Twitter
Facebook
  • カテゴリー