ロマン派の先駆け、発掘

ご無沙汰しております。この2週間ほどで、「なんかいきなり思い出してさー」という電話を2本頂きました。思い出してくださってありがとうございます・・宿題をいくつも抱えながら、文章を書く気にもなれず、練習する気にもなれず、目の前の仕事だけを考える無気力な数日をすごしていましたが少し復活しました。コンサートのご案内も近々再開させます。

ベートーヴェンのソナタの譜読みを始めました。なぜかこの曲はチェリストよりもピアニストから好まれている様子。今まで色々な曲に関わってきましたが、この曲ほど弾く前と後で印象の変わる曲はありません。内向的でとっつきにくいイメージから、今すでに「なんとロマンチックで愛のある音楽なんだろう」と思うまで、私の心を溶かしている。詳しくは、本番が近づいてからまた書こうと思います。

このコンサートは、4月23日(火)19:00〜、時計台にて。『赤松林太郎 ベートーヴェン独奏曲全曲プロジェクト 第4回』の後半に割り込ませていただく予定でおります。

HOME
Blog Top
Twitter
Facebook
  • カテゴリー